点と点

『岡野の化学(22)』では、アルコールの脱水反応について学習しました。

エタノールに130-140 ℃で濃硫酸を加えると、ジエチルエーテルと水ができる、エタノールに160-170 ℃で濃硫酸を加えると、エチレンと水ができる、という反応です。

何かが引っかかると思いながら、その何かが分からないまま『岡野の化学(23)』『岡野の化学(24)』と先に進んだところ、ビデオ内で説明されていました。

つい先日『岡野の化学(20)』で学習した、アルケンに水を付加させる反応の逆だということです。

今見返すと、ここに気付くためのヒント(高温、触媒、水ができる等)が要所に散りばめられており、自分で気付けなかったことが残念でした。自分で点と点を繋ぐチャンスを逃してしまいました。

こういった所に瞬時に気付けると、もっと勉強が面白くなるし、スピードも上がっていくのだろうと思います。

学習時間

  • 4.5h(9/12)
  • 7h(9/13)

視聴したビデオセミナー

  • 岡野の化学(19)(20)(21)※復習
  • 岡野の化学(22)(23)(24)
  • 2748_睡眠の質を上げる
  • 2751_物理・化学から始めてください

明日の予定

  • 岡野の化学(24)復習
  • 岡野の化学(25)(26)(27)視聴
  • ビデオセミナー(1006_講座をどのように活用するか)他視聴
  • ビデオセミナーDL(引き続き)
  • 化学の学習と並行して視聴するビデオのピックアップ(引き続き)

エチレンはガス

今日視聴した『岡野の化学(20)』で、アルコールの製法について、アルコール発酵とアルケンに水を付加させる方法が挙げられていました。

アルコール発酵の方は酵母菌や米麹等の自分の知っているものが連想できたのですが、アルケンに水を付加の方はイメージしにくかったので、例に挙げられている「エチレンに水を付加する」のがどういうことなのか調べてみようと思いました。

何となく想像したのは、エチレンは粉末状で試薬瓶に入っていて、それを水に溶かせばアルコールが出来るというイメージでしたが、実際、エチレンは“かすかに甘い臭気を有する無色の気体で、水和反応によりエタノールが生成されるが、高温高圧環境が必要で有る(「https://ja.wikipedia.org/wiki/エチレン」より抜粋”とのことでした。また、水和反応は高温高圧かつ強酸という条件で行われるということで、発酵と比べるととても大変そうだ、というのがとりあえずの印象です。これらについては明日の復習時にもう少し調べることにします。

この他、エチレンはもう何回もテキストにもビデオにも出てきていて、何となく知った気になっていたのですが、今日やっとエチレンガスのことだったのだと気付きました。

エチレンは最近勉強し始めましたが、リンゴから出るエチレンガスなら聞いたこともあり、バナナと一緒に置いておいて追熟させたこともありました。偶然家にリンゴがあったので匂いを嗅いでみましたが、エチレンの匂いというのはよく分かりませんでした。ただ、今日から自分の中でエチレンは、リンゴの周りを漂っている構造式のイメージになりました。

学習時間

  • 8.5h

視聴したビデオセミナー

  • 岡野の化学(19)(20)(21)(途中まで)

明日の予定

  • 岡野の化学(19)(20)(21)復習
  • 岡野の化学(22)(23)(24)視聴
  • ビデオセミナー(1006_講座をどのように活用するか)他視聴
  • ビデオセミナーDL(引き続き)
  • 化学の学習と並行して視聴するビデオのピックアップ(引き続き)

セルフサービス

週末から今日にかけて『岡野の化学』の第7講「元素分析・脂肪族化合物(1)」の復習とノートの作成、関連するビデオセミナーを視聴しました。

『岡野の化学(18)』ではマルコフニコフ則という用語が出てくるのですが、そこで一旦立ち止まるパターンがあるようで、自分ももれなくそのパターンにはまった内の一人でした。

この用語に関連するビデオセミナーは既に数本アップロードされており、それらを視聴したり、ビデオ内で紹介されている資料等を参考にしたりすることで、『岡野の化学(18)』初見時の「マルコフニコフ則って何だろう?」という疑問はある程度解消されたと思います。

今回は答えのある場所(ビデオセミナー)が分かっていたので良かったですが、今後、自分が知らない用語に出会った時にどう調べれば良いのか?自分一人で切り抜けることが出来るか?ということについては、課題として残ったように思います。

また、せっかく勉強しているのだから、ついでにあれも調べてみよう、というようなサービス精神というか、ちょっと気の利いた勉強の仕方が必要かなと思いました。自分に自分でサービスというのは変な気もしますが。

言われたことをやっているだけではダメだと思いました。もっと頭を使わなくては。

学習時間

  • 2.5h(9/9)
  • 7.5h(9/10)

視聴したビデオセミナー

  • 1611_マルコフニコフ則について
  • 0984_アルケンへのハロゲン付加メカニズム
  • 0983_付加反応とマルコフニコフ則
  • 岡野の化学(15)(18)※再視聴
  • 1484_知子の情報について

明日の予定

  • 岡野の化学(19)(20)(21)
  • ビデオセミナー(1006_講座をどのように活用するか)他視聴
  • ビデオセミナーDL(引き続き)
  • 化学の学習と並行して視聴するビデオのピックアップ(引き続き)

思いがけず

今日は朝から何となく勉強に集中出来ない気がしたため、気分転換に新しいビデオセミナーを視聴しました。思いがけずこちらのブログの投稿にもコメントをいただいていたため驚きましたが、しっかり目が覚めました。

今回ハッとさせられたのは、「苦手意識は誰かに植え付けられたもの」「面白くないと続かない」というコメントです。

講座を受講するにあたって、高校レベルの化学や物理を学ぶ必要があることは講座案内等を読んで納得はしていました。実際に勉強し始めると、少しづつ理解出来るようになってきて、面白いとも感じ始めていましたが、その一方でどうしても苦手意識を払拭出来ず、テキストやビデオセミナーを開くのに多少のストレスも感じていたところでした。

自分の人生をより良くするため、安定して仕事を受注し稼げるようになるまでは辛くてもやるしかないと思いますが、「辛くても仕方がない」ということではないのだと思います。

この朝一のビデオセミナーに後押しされて、今日は『岡野の化学(16)(17)(18)』を視聴しました。

例のモルが出てくる回でしたが、意外とあっさり理解することが出来ました。今日のモルは私の知っているモルとは違うモルかも?とも考えましたが、理由は、高校生の頃と比べて、自分が物事を理解しやすい考え方に置き換えることが出来るようになっていたからだと思います。

高校の授業では決まった方法を教えられ、それに従わなければ間違い、というイメージがあったような気がしますが、歳をとって色々と経験していく中で、諦めが良くなったというか、他の人とやり方が違っていても答えに辿り着く方法はあるし、それで良いことが分かったからです。

色々と取り留めなく書きましたが、これからは、苦手意識等のマイナスな先入観はなるべく忘れて、講座を面白く進めていくことも工夫もしていきたいと思います。

学習時間

  • 6h

視聴したビデオセミナー

  • 2743_受講生ブログへのコメント
  • 岡野の化学(16)(17)(18)

週末の予定

  • 岡野の化学(16)(17)(18)復習
  • ビデオセミナー(1484_知子の情報について)他視聴
  • ビデオセミナーDL(引き続き)
  • 化学の学習と並行して視聴するビデオのピックアップ(引き続き)

歩かん、歩けん、アル禁

今日は岡野の化学を3本、それ以外の化学系のものを3本、他に1本、合計で7本のビデオセミナーを視聴しました。

復習や演習がメインの内容だったこともあり、今日は比較的スムーズに理解することが出来ました。今日理解出来たことも時間が経つと忘れてしまうので、明日はまた復習から開始です。

アルカン、アルケン、アルキン等の単語は、未だに出てくる度に結合の種類や一般式を確認してしまうので、表に書いて見える所に貼る事にしました。

『岡野の化学(15)』より第7講「元素分析・脂肪族化合物(1)」に入りました。早速苦手なモルが出てきそうです。まだ先だと思っていましたが、良い機会だと思って早いうちに克服してしまいたいと思います。

学習時間

  • 8h

視聴したビデオセミナー

  • 岡野の化学(13)(14)(15)
  • 1503_アルカンの構造異性体の求め方
  • 1510_構造異性体と官能基の位置
  • 1512_構造異性体と有機化合物とトポロジカル構造
  • 1535_講座スタートにあたって

明日の予定

  • 岡野の化学(13)(14)(15)復習
  • 岡野の化学(16)(17)(18)視聴
  • ビデオセミナー(1484_知子の情報について)他視聴
  • ビデオセミナーDL(引き続き)
  • 化学の学習と並行して視聴するビデオのピックアップ(引き続き)

勉強再開

あっという間に9月になってしまいました。

今日からまた化学を中心に勉強を再開しましたが、一週間空いただけあって忘れてしまっている箇所はありました。

それでも覚えている箇所もあったので、化学に苦手意識のある自分としては、当たり前のことかも知れませんがやれば身につくということが分かり、少しほっとしてしまいました。

今日は『岡野の化学(11)(12)』を視聴しました。

期間が空いてしまったので先ずは岡野の化学(8)(9)(10)』のノートをまとめるところから始めました。忘れている箇所は勿論ですが、前回の視聴時に見落としていた箇所も見つけることが出来たので、より理解が深まりました。

このペースだと、目標としている「今月中に岡野の化学の有機化学のパート(全部で79本)を終わらせること」を達成するには厳しいので、明日から化学のビデオセミナーは1日当たり3〜4本ずつ進めなければならなさそうです。

あと、他のビデオセミナーのタイトルに『1503_アルカンの構造異性体の求め方』や『1510_構造異性体と官能基の位置』、『1512_構造異性体と有機化合物とトポロジカル構造』等がありました。直近で学習した岡野の化学(8)〜(12)』の内容と関連がありそうなので、これらのビデオも視聴しなければと思います。

学習時間

  • 8.5h

視聴したビデオセミナー

  • 岡野の化学(8)(9)(10)※復習
  • 岡野の化学(11)(12)
  • 1458_半年で講座を駆け抜けた卒業生に学べ

明日の予定

  • 岡野の化学(13)(14)(15)視聴
  • ビデオセミナー(1503)(1510)(1512)他視聴
  • ビデオセミナーDL(引き続き)
  • 化学の学習と並行して視聴するビデオのピックアップ(引き続き)